カラートリートメントはお風呂で簡単に白髪が染められます

以前は白髪のお手入れはカラーマニキュアを使っていましたが、色落ちが気になってトリートメント的なものが使用出来ませんでした。そこで、最近はもっぱらカラートリートメントです。カラートリートメントの良い点は、お風呂で白髪のお手入れが出来るので、服や家の壁を汚す心配が無いことです。洗髪した髪の水分をしっかりタオル等でとって、チューブから適量のトリートメント剤を出します。ピンポン玉一個分とか例えて表示してありますが、髪の長さや白髪の割合や髪質によって人それぞれかなと思います。そして約5分おいて流すだけです。染毛剤ほど完璧には染まりませんが、この簡単さからすれば十分だと思っています。コンビニや100円ショップにある、使い捨てのビニール手袋を使うと良いです。

今までにサロン・ド・プロのグレーブラック、ビゲンのナチュラルブラックの2種のカラートリートメントを使ってみました。サロン・ド・プロの方は、はじめは結構きれいに染まっていましたが、2本目あたりから頭頂部の白髪が上手く染まらなくなりました。ツヤ感も今ひとつになってきたので、今度はビゲンに変えてみました。ビゲンは、染まり具合と髪のしっとり感がすごくいいです。シャンプーをしても、頭頂部の白髪があまり光りませんし、しっとりした感じもしばらく保たれています。

この違いですが、色の名前が関係あるような…気もするのです。グレーブラックは、やや白っぽい黒ということです。チューブから出した時も少し茶っぽい色に見えました。一方ナチュラルブラックは、自然な黒なので、白みが無い感じです。とにかく手軽に普通の黒髪に染めたい…という場合は、ナチュラルブラックという表示の色がいいと思います。