男性の白髪を目立たなくする3つの方法

男性の白髪を目立たなくするための方法は3つあります。まず一つ目は、根元に白髪が見え始めた頃をサインにコンスタントに白髪染めをすることです。男性は短髪の方が多いので白髪が目立ち始めてから毛染めをすると、‘いかにも今日染めました‘感がでるので、人にはまだ気づかれないくらいのうちに染めてしまうことです。するとこの人の髪は黒髪なのだという印象を人に植え付けることができ、少々白髪が生えてきても人はそれに気づかないことが多いです。

2つ目の方法は、髪の長さを7分刈りくらいに短くしてしまうことです。常にこの短い髪の毛を維持していると長くなることがないので、白髪があったとしてもほとんど目につくことはありません。そのかわり少しでも長くなってきたらすぐに切ることが大事です。また、毛量が多い方はできるだけすくなりして毛量を減らすことも白髪を目立たなくすることのひとつです。最後の方法は、白髪の量が黒髪より多くなってきた人向けの方法ですが、黒く染めるのでなくかえってすべて白く染めることにより、本当の白髪がどこにあるのかわからないようにしてしまう方法です。

おしゃれな人は全部白く染めてから、部分的に紫や少しグレーっぽい色に染めることで、大変おしゃれな感じに仕上がります。隠そう隠そうとするとどうしても「いかにも染めた」感がでがちですが、それを逆にとってすべてを真っ白にして人の目をだますことでロマンスグレーの粋な男性として見られます。

私の周りの女性達の間で白髪の男性がひそかな人気です

私は男性ですが、昨今女性の間では、白髪の中年男性への見方が変わってきています。私の周りでは良く聞きます。以前は白髪イコール老人と見ていた人が多かったのですが、昨今はファッションから変わってきたせいもあり、あわせてカッコいいとか見た目の良い中年男性が増えてきているせいもあると思いますが好意をもたれているみたいです。

マスコミでも、六十歳くらいのタレントさんたちが多く使われてきているのも原因かもしれません。あわせて、お金はあるし、世の中の事は知っているし、甘えられるというような考えもあるのかもしれません。剥げた人たちがわざとボーズにされて人気が出ている事もありますが、自分の短所を長所に置き換えてきている時代が来ているようにも思えます。若い人たちもアッシュに染めたとか、アッシュにしたいというような事を言っている人たちも多くなってきています。ちなみにアッシュはグレーぽいブラウンという説明が合うようですが若者にとってのアッシュは白髪や銀色の髪の様です。

わざと白髪ぎみた色に染めている歌手や俳優さんがいますが理想はあのような感じなんでしょう。昔使われていた言葉でロマンスグレーという言葉がありますが、昔の人たちはロマンスグレーと言う言葉を今も使っています。確かにちゃんとセットすると年相応に落ち着いた雰囲気もありながら、少しやんちゃなところも表現できる色なので女性たちがカッコいいと思うのもしょうがないのでしょうが、みんなが同じような恰好をし始めると(茶髪の時のように誰でも彼でも茶髪と言う時代もありました)、興味が薄れてくるのかもしれません。ボサボサできれいに整えられていない人は別として、昨今白髪男性は女性の密かな興味の対象になってきています。カッコいいという事を言っている若い行員さんも何人もいました。白髪時代がくるかもしれません。

中年男性の方は薄毛や白髪でも自信を持って下さい!

皆さん、こんにちは。今年の夏は猛暑ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?暑さが続くと外出もおっくうになってしまいますよね・・。体も汗をかいてしまいますが、もちろん頭皮も汗でビッショリ・・。特に日差しを避けて帽子を被っていると、頭皮は更に蒸れてしまいますし、髪の毛も汗で濡れてしまいます。

そんな夏の日に街を歩くと、50歳代位の男性の方も皆さん暑さで辛そうに歩いています。スーツ姿の方も多く、皆さん本当にお仕事お疲れ様です!そんな男性の髪の毛ですが、50歳位になると白髪や薄毛の方もとても多いですよね。ネットでは男性用の白髪染めも人気があるようですし、増毛カツラのCMもよく見かけます。街を歩いている方を見ると年配なのに、明らかに髪を染めている!という方も多いです。

かくいう我が家でも夫が「白髪染めをしたい。」と言い始めました。(夫は30歳頃から白髪が多かった)でもいかにも白髪染めしました、というのは嫌だったので、トリートメントタイプの白髪染めを購入。ゆっくりと染まっているようですので、自然な仕上がりでお薦めです。また夫は薄毛でも悩んでいる様子。子どもに冗談交じりで「お父さんははげるぞ~。」と言っていますが、60歳頃になると本当に薄くなってしまいそうです・・。

でも私はそんな男性の白髪や薄毛を全く嫌だとは思っていません。むしろ明らかに年配の方が、白髪染めをして黒々としている方が違和感があります。薄毛はご本人が気になって仕方ないようでしたら、一部増毛するのもいいかもしれません。でも薄くなっていたら思い切ってスポーツ刈りのようにするのも素敵!と私は思っていますよ。私は白髪は年を重ねた立派な勲章のように思っています。年配の男性が白髪交じりの髪だと、ロマンスグレーと言って女性にもてることもありますよね。白髪は自然なことですし、男性の方はもっと堂々として下さい!きっと自分が思っている程周りの人は気にしていないはず。ぜひこれからも素敵に年を重ねていって下さいね。

カラートリートメントはお風呂で簡単に白髪が染められます

以前は白髪のお手入れはカラーマニキュアを使っていましたが、色落ちが気になってトリートメント的なものが使用出来ませんでした。そこで、最近はもっぱらカラートリートメントです。カラートリートメントの良い点は、お風呂で白髪のお手入れが出来るので、服や家の壁を汚す心配が無いことです。洗髪した髪の水分をしっかりタオル等でとって、チューブから適量のトリートメント剤を出します。ピンポン玉一個分とか例えて表示してありますが、髪の長さや白髪の割合や髪質によって人それぞれかなと思います。そして約5分おいて流すだけです。染毛剤ほど完璧には染まりませんが、この簡単さからすれば十分だと思っています。コンビニや100円ショップにある、使い捨てのビニール手袋を使うと良いです。

今までにサロン・ド・プロのグレーブラック、ビゲンのナチュラルブラックの2種のカラートリートメントを使ってみました。サロン・ド・プロの方は、はじめは結構きれいに染まっていましたが、2本目あたりから頭頂部の白髪が上手く染まらなくなりました。ツヤ感も今ひとつになってきたので、今度はビゲンに変えてみました。ビゲンは、染まり具合と髪のしっとり感がすごくいいです。シャンプーをしても、頭頂部の白髪があまり光りませんし、しっとりした感じもしばらく保たれています。

この違いですが、色の名前が関係あるような…気もするのです。グレーブラックは、やや白っぽい黒ということです。チューブから出した時も少し茶っぽい色に見えました。一方ナチュラルブラックは、自然な黒なので、白みが無い感じです。とにかく手軽に普通の黒髪に染めたい…という場合は、ナチュラルブラックという表示の色がいいと思います。

私から見た印象は巷の女性とは違うかも

巷の女性と感覚がズレているかもしませんのでご了承ください。私の母親は実は白髪の血統で早い方は30歳にして白髪になります。叔父はハリウッドスターのロマンスグレーなどいつあったのかと思うほど私の幼い頃から、きれいな白髪です。しかし、年を取っては見えません。お肉屋さんだからなのか肌はツヤツヤしているし、社長業の為、服装がバシッとしていて格好良いです。ただ一般的には白髪は歳とって見えると思います。

歳とって見える理由として、白髪イコール加齢のイメージがあるからと思います。叔父は真っ白ですが、もしこうなる途中だった場合を、もしくはその途中経過が長かった場合を想像してみてください。最初の一本を見つけた時はショックが大きいので抜くか、切るかするでしょう。まだ周りには気付かれてないので見た目印象は変わりません。徐々に特に生えぎわや分け目が白くなり、気になり、最初は染めると若さが保てた気がします。ただ、本職の方に頼める人はいいとして自分で毎度染めるのはうまく染めれなくてばれたり、時間的制約があり、出かけるのが嫌になりますよね。私はこれです。

全体的に増える方は染めたりせずにロマンスグレーで通す方が良いと思います。突然、染めなくなった時のギャップがあると一気に歳よりぽくなるし、何より周りの方のツッコミが増え、話したくない内容を何度も人が代わる度に説明しなくてはいけなくなる。この頃から、服装は気にしているとしょぼくれた印象は防げると思います。叔父はしょぼくれて見えたりしません。奥様がオシャレな方なので格好良く見せているのでしょう。会社で白髪の話になった際に、結構染めている人が多くビックリしました。男性は真っ黒に染めて若く見せている人、潔く切ってしまう人、意外に男性でカラフルに染める人はいませんでした!個人的にはそのままが一番と思いますなぜなら、第一印象より、何度も会う内に気になるのは中身ですからね!

忙しい毎日にパパッと白髪を隠す術を学ぶと便利ですよ

忙しい毎日の中でも、白髪をささっと隠して、毎朝気持ちよく、髪のことを1日それほど気にすることなく快適に生活できたらこんなに嬉しいことはありません。白髪隠しのために時間をかけて、朝からくたくたになってしまうのも悲しいです。そうならないためにも、パパッと手軽に白髪隠しの術を知っておくのはとてもいいことです。といっても、人によって好みや髪質の違いがあるので、自分に合った手軽な白髪隠しを選ぶことが大切です。

ではどのようなタイプがあるかというと、ブラシタイプ(マスカラタイプ、マーカータイプ)、パウダータイプ、ファンデーションタイプ、ヘアクリームタイプなどがあります。このようにいろんなタイプがあるので迷ってしまうかもしれません。でもこうしたタイプがあることを知ったうえで、次は自分にとって何を重視したいかだと思います。使いやすさなのか、使用後の感じの良さなのか、隠れ具合なのか、色落ちがしないものなのか、あとは価格の安さで選ぶのかです。使いやすさ、手軽さの面で言うと、やはりマーカータイプやマスカラタイプの白髪染めです。隠れ具合の良さ、使用後の感じの良さではパウダータイプ、ファンデーションタイプ、そして色落ちがしにくいものでは、ヘアクリームタイプです。価格については、手軽さを求めれば求めるほど、高くなる傾向があります。

自分に合った白髪隠しのタイプは見つかったでしょうか?朝の忙しい中で、時間をかけず簡単に、さらに手に汚れがついてまた洗いに行くなどの手間を省きたい方には、マーカータイプ、マスカラタイプをオススメします。一度お試しください。

白髪のある男性を見ていると母性本能をくすぐられます

私はずっと年上の男性を好きです。年上なのに白髪のある男性は、とても可愛いと思えるのです。仕事ができる人が多いですが、甘えん坊のイメージなのです。私が以前好きだった男性は父よりもずっと年上でした。白髪があっても、一緒にいるとまるで少年の四なのです。考えが少年なのです。そんな男性だからこそ、私は好きになったのです。真っ黒な髪の毛をしているよりも、白髪があるほうは落ち着きます。見た目がグレーっぽい印象になるので、ちょい悪のイメージもあります。でも本当はとても甘えん坊なので、そのギャップがたまらないのです。

若白髪の人もいますが、やはりある程度の年齢になっていないと白髪を見てもときめく事はありません。私は初老の男性の白髪を見て、ときめいているのです。いくら年下の若い男性を見ても、何とも思わないのです。年上でも白髪がないといけません。きれいに白髪染めで染めてある男性は、好みではないのです。

白髪が恥ずかしいと言う人もいますが、私にはわからないのです。白髪があるからこそ、年齢の重みを感じるのです。今まで生きてきた重みなのです。だから白髪がある人を見ると、ついつい素敵だなと思えてしまいます。特にビジネスマンだったら、仕事のできる男性というイメージが強くなるのです。白髪頭でビシッとスーツを着ている男性を見たらたまりません。白髪を嫌う女性もいるでしょうが、私は白髪を堂々と見せている男性は、とても強くて男らしいと思っています。

50代でも若々しく見えるために何をしているのか

50代でも若々しく、カッコよくいるには以下の2点に気を付けるだけで良いと思います。まず1点目は清潔感を保つことです。髪はキチンと散髪し、薄くなっていようが白髪交じりであろうがキチンと整えられていれば大丈夫です。あとは匂いにも気を配る必要があります。適度な運動で汗をかくことは必要ですが、やはり年齢相応の加齢臭という名の匂いは気になりますのでメンソールタイプの制汗剤や、すっきりとした柑橘系などの香水を使用するのがおすすめです。

2点目は洋服です。高級なブランドを身につける必要はなく、ファストファッションでも充分ですが、洋服を選ぶ際素材にこだわることをお勧めします。例えばニットならカシミヤ素材、シャツならシルク素材など製品自体の素材にこだわるとブランド関係なく高級感がでます。当たり前ですが、シワや毛玉などにも気をつけることも大切です。いくら高級なブランドであろうと手入れが行き届いていなければかっこよくは見えませんのでファストファッションでも高級ブランドでも手入れを必ずすることを心がけてください。

またなるべくシンプルな柄を着ることが大切です。若い頃のように奇抜な柄や斬新なデザインなどは残念ですが諦めましょう。どうしても取り入れたい場合は、ベルトやスカーフ、帽子など小物で取り入れるとかえってオシャレ度が上がっていいと思います。以上2点に気をつけていればいつまでも若々しくオシャレで入られること間違いないです。